豆知識

【きゅうりの育て方】どのくらい伸びてきたら切ればいいの?

家庭菜園できゅうりを育て方についてのご紹介です

今回は、きゅうりの株の一番上の部分をどのあたりまで伸びたら切ればいいのか?についてです。

初めて育てると『え?切るの?切っちゃうの?』って思いますよね。

そして切るってどのあたりまで伸びたら切っていいの?と不安しかないと思います

 

今回はそのあたりを書いていきますね

【きゅうりの育て方】どのくらい伸びてきたら切ればいいの?

きゅうりのてっぺんをなぜ切るのか

まずは、なぜこの作業をしないといけないのか?についてご紹介しておこうと思います。

きゅうりは、育てていくとぐんぐん育ってぐんぐん背が高くなりますね

これが理由です。

 

ぐんぐん育っていって、一番上を切ることをしないと、伸びすぎてきゅうりのお世話ができなくなってしまいます。

ですので、この作業は絶対にしないといけません。

 

伸びすぎてしまうと、そのあたりできゅうりができたら、収穫できないですよね。

ですのでこれをします。

 

このことを摘心(てきしん)といいます

どこくらいまで伸びたら摘心するの?

きゅうりを摘心する高さは、みなさんが持っている支柱の高さで切り落としましょう。

じゃないとその上にいけませんからね。

 

もしくは、自分の背の高さより低め。

ぐらいで、切り落としてしまいましょう。

切り落としたらどうなる?

では、この摘心をしたらどうなるのか

切ってしまうと、そこで終わり?のような気がしますが実は、上を切ることで次は横からどんどん、どんどん伸びてきます。

 

ですので、心配はいりません。

 

摘心してあげることで、さらに収穫量は増えるので安心して切り落としてください。