アブラナ科

カブの育て方!種まきの植え時や収穫時期についてご紹介します

家庭菜園でできるカブの育て方についてのご紹介です。

カブはどうやって育てるの?

種まきの時期は?

収穫はいつ?

などカブの育て方についてまとめていこうと思います。

ご参考にしてみてくださいね!

家庭菜園 カブの育て方

カブは、短期間で収穫が可能な野菜です。

なので初心者向きで手間もかからずとっても簡単に栽培ができる野菜になります。

これから家庭菜園をしていこうと思われている方におすすめです。

カブの基本情報

野菜の名前 カブ
種類 アブラナ科
難易度 初心者向き
日照 日なた
連作障害 あり(1年~2年)

カブの栽培カレンダー

種まき 9月・10月
間引き 10月・11月
追肥 10月・11月
収穫 11月中旬~1月終わりまで

カブの育て方 手順

種まき

カブの種まきは、3センチ間隔ぐらいで種をまいていきましょう

全部1粒ずつまくようにしましょう

間引き

種まきをした後数日後には、発芽してくるようになります。

それぞれの本葉が2~3枚ずつになってきます。

そうすると、それぞれの葉が邪魔で混みあってきます。

 

ですので、

  • 葉っぱの形が悪いもの
  • 虫に食われてしまっているもの
  • 育ちの悪いもの

などを厳選して抜いていきます(これを間引きといいます)

 

これから育てていく苗まで傷つかないように

  • ピンセット
  • 先が細いはさみ

などを使って根元を切っていきましょう

 

これで追肥は完了となります!

追肥

次に行っていくのは追肥。

追肥は間引き後に1株あたりに対して1つまみ程度の化学肥料を株から少し離して(10センチ程度離すといいでしょう)施してあげましょう。

そして、土になじませて、最後にカブの株元に寄せてあげます

この時、子葉が埋まらないように気をつけましょう

収穫

ここまですればあとは、収穫の時期を迎えます

収穫の目安は、

  • 子株で4~6センチ程度
  • 大株で8~10センチ程度

になります。


子カブは、種まきからだいたい40日~50日(約1月半程度)

大カブは、60日~100日程度(2か月~3か月程度)

ほどで収穫できます。

 

ここでワンポイント

一気に作っても使えないですよね

ですので、種まきの時期を少しずつずらしてあげると、収穫も毎日ズレて長期間収穫ができちゃうので、そういう裏技も使ってみましょう

 

 

収穫方法は、葉の部分と根の部分をもって、少し揺らすようにしながら引き抜きます。

収穫が遅れてしまうと根の部分が割れてしまうのでしっかり時期を逃さないようにチェックしておきましょう

 

カブの育て方をまとめてみました。

カブは全然難しい野菜ではないので、ぜひチャレンジしてみてくださいね