バラ科

いちごの育て方!種まきや収穫の時期はいつ?ご紹介します

家庭菜園でできるいちごの育て方についてのご紹介です。

いちごはどうやって育てるの?

種まきの時期は?

収穫はいつ?

いちごなどの育て方についてまとめていこうと思います。

ご参考にしてみてくださいね!

家庭菜園 いちごの育て方

 

いちごの基本情報

野菜の名前 いちご
種類 バラ科
難易度 簡単
日照 日なた、明るい日陰
連作障害 あり(1年~2年)

いちごの栽培カレンダー

植え付け (親株)4月~5月

(子株)10月中旬~11月

追肥 翌年2月中旬~4月中旬
収穫 4月~5月

いちごの育て方 手順

いちごは基本的には、苗を購入してきます。

植え付け

買ってきた苗をポットからはずし、土を入れたプランターに穴をあけて入れます。

畑の場合は、穴をあけるだけでOKです。

そこに、苗を入れます。

 

30センチ間隔で植え付けていきましょう。

プランターの場合、丸いものなら1つ、長方形なら間隔をあけて2つ植え付けていきます。

 

この時、いちごの苗の根本にあるクラウンは土を被らないように気をつけましょう。

追肥

次に行っていくのは追肥。

追肥のタイミングは、12月のはじめと2月の終わり~3月ごろ。

 

1株に対して1握りの化学肥料で株の周りに円を描くように施します。

いちご 子苗の育て方

ランナーから切り離す

いちごは、親株からどんどん子苗ができます。

こうなってきたらポッドに根付かせます。

 

根付いたのを確認できたらランナーを切り離して独立させます。

子苗の植え付け

10月~11月ごろになればランナーを切り離した子苗の植え付けの時期です。

この時、どれもいいわけではなくできれば親株から遠い子苗を植え付けていきましょう。

 

いちごの収穫時期

いちごの収穫時期は、いちごが開花してから1か月ほどで赤く実が熟してきます。

そのときが収穫の時期です。

 

収穫した親株はまたランナーを伸ばして育てていけます。

 

 

いちごの育て方をまとめてみました。

全然難しい野菜ではないので、ぜひチャレンジしてみてくださいね